Home » メンタルパワーズ » 2013年05月19日 : 〝とあるパーティー会場での出会い″

〝とあるパーティー会場での出会い″

こんにちは、メンタルパワーズです。

本日より公式ブログを立ち上げました。
どうぞよろしくお願いいたします。

先日、とあるパーティー会場で
代表の佐藤史織といた時のことです。

「名刺交換してもいいですか」と、
ある男性が話しかけてきました。

そしていきなり第一声こうおしゃったのです。

「社長様、私に必要なものを持っている方だと思います。」

その数日後、
本当にその方は当社の「究極の営業プログラム」を
購入されたのです。

大して何も会話を交わしたり、
何かを伝えたわけでもありません。

不思議です。

この出来事を目の当たりにして、
私は「ある話」を思い出しました。

メソッドの開発者である佐藤康行の話です。

昔は、柔道など審査員が判定を下すとき、
現代のような精密な機械はありませんでした。

判定が難しい試合において審査を下す瞬間、

私たち人間は、
どちらの選手に優勢の判定を下すのでしょうか。

答えは、
「その人が本質的に好きかどうか、その人間性に基いて、
無意識にジャッジをする」といいます。

これは私たちがビジネスを行う上でも
言えることではないでしょうか。

私たちは、常日頃何を決断し、
何を判断しているでしょうか。

お客様は、常日頃何を決断し、
何を判断しているでしょうか。

お客様や取引先、そして愛する人に
選ばれる人間でありたいものです。

最後までお読み頂きありがとうございました。